組み込み向け SPIドライバ

SPI - シリアル・ペリフェラル・インターフェース

組込み用CPUが、比較的低速デバイスと接続するのに利用するシリアル通信のドラバーです。
SPIを使う主たるデバイスは、SDカード、EEPROM、A/Dコンバータ、D/Aコンバータ、リアルタイム・クロックなどです。

階層構造

SPIデバイスのCPU側ファームウェアは大きく分けて3つの階層になり、物理層が実際のシリアル信号をハードウェアと送受信します。
データリンク層はSPIマスターとスレーブの通信を司り、アプリケーション層は実際の 接続デバイスに依存したコードとなります。

本製品では例としてSDカードのコードが付属します。

主な特徴

  • 物理層はCPUチップに依存しますが,移植容易なコード。
  • 割り込み起動で動作するのでOSが無くても移植可能。
  • 10KB以下のコンパクトサイズ。
  • SDカード読み書きするサンプルコード付属

製品詳細

物理層機能

SPIは上図のように、4本の信号線で通信を実施します。最近のほとんどの組み込みCPUはSPI制御ポートを備えているので、 SPIの物理層は使用するCPUにより大きく異なります。
この部分はCPUに合せた移植対象となります。

本製品は上図のCPU側のコードです。

データリンク層機能

CPU側からのデータ送信,受信機能を実現します。

アプリケーション層機能

実際のデバイスに合せた通信を行います。本製品は例としてSDカードの読み書きプログラムが付属します。

製品内容

  • SPI 物理層(移植対象)
  • SPI データリンク層ファームウェアソースコード
  • SPI アプリケーション層サンプルソースコード
ますはお気軽にお問い合わせください!

SPIドライバについて問い合わせる

  • お問い合せ内容入力
  • 内容確認
  • メール送信完了

御社名

お名前

メールアドレス

お問い合わせ内容

 
ページトップへ