ソフトウェア開発工程、流れ

OUKでは、お客様へのヒアリングを大切にしています。
お客様が何を希望をしっかりと理解し、よりご満足いただくために、こちらからご提案させていただく場合もございます。
内部設計、コーディングにおいては仕様書を遵守し、最終試験にいたるまでは気を抜くことなく作業いたします。
最終納品した後で、アフターサポートなどもしっかりと対応させていただきます。

受託開発契約までの流れ

  1. お問い合わせ・概算お見積り

    まずはお客様のご要望をお聞かせください。
    概要でも結構ですので、お気軽にお問い合わせください。
    無料お見積りいたします。 ソフトウェア開発について問い合わせる
  2. NDA締結

    NDA(機密保持契約)を締結致します。
    これにより安心して具体的な情報開示をしていただくことが出来ます。
  3. お打ち合わせ

    お客様のご要望に、ご予算、納期に応じて最適なソリューションを提案いたします。
  4. 見積もり

    開発に必要な工期と費用のお見積もりいたします。
    OUKではソフトウェア部品を数多く取り揃えておりますので、低予算・短納期でのご提案も可能です。
  5. ご発注

    綿密なお打ち合わせの後、最終的な仕様書を作成します。
    工期と費用の詳細な最終見積もりを作成し、受託開発の契約を結びます。

受託開発の流れ

  1. 基本部分開発

    事前に技術的な問題がないかなどを確認した上で、仕様書に基づいて綿密な設計をし、基本的な部分をコーディングします。
  2. 製品化開発

    仕様書通りに全ての部分ををコーディングします。
  3. 製品化試験

    仕様書を元にすべての機能が正常に働くかどうかを検証します。
  4. 最終納品

    最終的に製品化したものを納品いたします。
  5. アフターサービス

    万が一、不具合などが起きました場合は、即座に対応いたします。
ページトップへ