デバイスドライバ

NTカーネル・モード・ドライバ・割り込み処理の開発

NTカーネル ドライバ中核技術:
物理デバイスドライバ用割り込み処理ルーチン登録
ハードウェア割り込み処理を扱う物理デバイスドライバで必要となる、一連の初期化動作をカバーするソフトウェア部品です。
割り込み発生時の処理を記述する割り込みハンドラ、共有資源を保護するためのクリティカル セクション、遅延呼び出し(DPC)ルーチンをそれぞれ登録することができます。
1. 割り込み番号の取得
2. 割り込みハンドラの登録
3. クリティカルセクションの登録
4. DPCルーチンの登録

御社のご希望に基づきカスタマイズなども可能です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

NTカーネル・モード・ドライバ・割り込み処理について問い合わせる

  • お問い合せ内容入力
  • 内容確認
  • メール送信完了

御社名

お名前

メールアドレス

カタログ

お問い合わせ内容

 
ページトップへ