ミドルウェア

搭載用SNMPエージェントの開発

SNMP - ネットワーク機器管理の標準プロトコル

SNMPとは、ネットワークで接続された各種機器(ルーターなど)の動作をモニタするためのプロトコルで、多くの ネットワーク機器やワークステーションでサポートされております。
ネットワークとPCを使って、CPU 負荷、入出力データ量、エラーとなったデータ量などを、ネットワークを介して離れた場所から監視することができます。
ルータの稼働状況の確認、障害を検知等の目的で利用されてきました。

ネットワーク機器(SNMP エージェント)の情報は、管理端末(SNMP マネージャー)に集約されます。
SNMP マネージャーは、ネットワーク上のSNMP エージェントからのパフォーマンス情報や動作停止など障害情報を、グラフィカルに画面表示する機能を持ちます。
通知する情報(MIB,管理情報)については、機器の種類に応じて標準的なものが予め定義されている他、メーカー独自の変数を定義して使用することもできます。

組み込み向けSNMPエージェントプロトコルスタック

本製品はネットワーク機器向けに用意された、SNMPエージェントソフトウェア部品です。
機器制御コードと連係動作し、SNMP対応機能を付加します。
SNMP エージェントライブラリは、SNMP マネージャーの リクエストに応じて、機器のステータス情報にアクセス、レスポンスを返します。
多くのSNMP マネージャーは、画面の表示やメールを通じて、動作状況の異常を通知する機能を持っています。
特定のイベント(トラップ)が起きた際に、エージェントライブラリを介してユーザーに通知することも可能です。

製品詳細

  • 製品内容

    • SNMPエージェントライブラリ、およびCソースコード
    • OUK-MIB コンパイラ(MIB定義ビュアー&コード生成)
  • 動作概要

    機器制御コードは入力データを処理し、統計情報などをステータス変数に書き込み、何らかのイベント(トラップ)の発生を検知した場合には、エージェントランタイムを介して、マネージャーに対してSNMPトラップ通知を送ります。
    他方、SNMPリクエストを受信したエージェントランタイムはステータス変数を参照して、SNMPマネージャーに対してレスポンスを返します。
    この際、登録されたコールバック関数が呼び出され、その戻り値によって、レスポンスの内容やステータス情報の更新動作を変更することが可能です。

"カタログ希望"とお問い合わせ頂ければ、この製品のカタログ(PDF)を添付して送信いたします。

御社のご希望に基づきカスタマイズなども可能です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

搭載用SNMPエージェントについて問い合わせる

  • お問い合せ内容入力
  • 内容確認
  • メール送信完了

御社名

お名前

メールアドレス

カタログ

お問い合わせ内容

 
ページトップへ