ミドルウェア

UPnP CP SDKの開発

UPnP - LANの汎用的なプラグ&プレイ仕様

OUK UPnP Control Point SDK は、LAN で接続されたルータなどの各種UPnP デバイスの探索と制御を行うためのミドルウェアです。
UPnP IGD(Internet Gateway Device)は多くのネットワーク機器でサポートされており、プライベート・ネットワークとグローバル・ネット間の通信を可能にするNAT トラバーサルの自動化や、IP アドレスの自動取得などに利用します。

主な特徴

CPUに非依存なコード。
TCP/IPのI/FがあればあらゆるOSに移植可能。
50KB以下のコンパクトサイズ。
アドレッシング、ディスカバリ、ディスクリプション、コントロール、イベンティング機能サポート SSDP、GENA、SOAP、XMLDOMのソースコードを含む。

応用例

プリンタやFAX のWindows 側ポートドライバ
インターネットカメラ
インターネット付きHDD レコーダやテレビ

製品詳細

製品内容
  • OUK UPnP Control Point SDK ライブラリ、およびソースコード
  • OUK-DOM ライブラリおよびソースコード
機能
  • UPnP Control Point 機能全般を実現 Device Architecture Ver1.0 準拠
  • XML-DOM Level2 準拠
動作概要

UPnP CP API は面倒なHTTP やXML の解釈をカプセル化し、単純なAPI でControlPointの機能を実現します。
送受信するXML 文書はDOMドキュメントオブジェクトで汎用的に処理するので、あらゆるデバイスの操作をSDKで記述することが可能です。
SSDP で検索したデバイスはコールバック関数により非同期に通知され、ネットワーク内にある複数のデバイスを一元管理することができます。

"カタログ希望"とお問い合わせ頂ければ、この製品のカタログ(PDF)を添付して送信いたします。

御社のご希望に基づきカスタマイズなども可能です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

UPnP CP SDKについて問い合わせる

  • お問い合せ内容入力
  • 内容確認
  • メール送信完了

御社名

お名前

メールアドレス

カタログ

お問い合わせ内容

 
ページトップへ