デバイスドライバ

ビデオキャプチャ ドライバコアの開発

カーネル ストリーミング対応のビデオ キャプチャ ドライバ
Windowsで周辺機器から動画データを取り込むのに不可欠なビデオ キャプチャ ドライバを作成するための基本部分となります。
PCIボード、USB接続機器等、ターゲットのハードウェアに依存したコードを追加することで、カーネル ストリーミングに対応するビデオ キャプチャ ドライバが完成します。
ハードウェアの性能を最大限に引き出すことができる、デバイスドライバをお客様のハードウェアに、ぜひ御採用下さい。
動作OSにより、対応する技術・デバイスドライバの構造が異なります。
(カーネル ストリーミング1.0、カーネル ストリーミング2.0対応。)
デジタルカメラ用(USB接続)ビデオ キャプチャについては、 こちらのページをご覧下さい。
※旧製品(Windows95)に対しては、Video For Windows用ビデオ キャプチャ ドライバとなります。

OS対応表

  • Windows 7に対応しています。
  • Windows 8に対応しています。
  • Windows 10に対応しています。
  • Windows Embeddedに対応しています。
  • Macには対応していません。
  • Linux/UNIXには対応していません。
  • X Windowには対応していません。
  • 組込には対応していません。

御社のご希望に基づきカスタマイズなども可能です。
まずはお気軽にお問い合わせください。

ビデオキャプチャ ドライバコアについて問い合わせる

  • お問い合せ内容入力
  • 内容確認
  • メール送信完了

御社名

お名前

メールアドレス

カタログ

お問い合わせ内容

 
ページトップへ